2017年07月05日

食中毒の恐怖

最近は日本人の弱点であったリスク管理について、だいぶ認識が広まってきたのではないでしょうか。
食品の安全についても、そのひとつです。

細菌が入らない様な規則が作られて守られていると思います。
もちろん守らない業者もいるので食中毒が起きるわけです。

99.9%の人が気を付けても、0.1%の人がずさんな衛生管理をすれば食中毒は起こりえます。

特に春から秋までは十分に注意する事が重要です。
細菌性の食中毒は危険ですが、それ以外にも食中毒の要素はあります。

核の3原則をもじって、食中毒予防の3原則というのをご存知ですか。
厚生労働省も率先して注意を呼び掛けています。
3原則というのは、
食中毒菌を
・付けない
・増やさない
・やっつける
というものです。
ラベル:食中毒予防
posted by エイ at 16:33| Comment(0) | 食中毒 | 更新情報をチェックする